有酸素と無酸素の運動


体を動かすということは、健康を考えれば当然必要です。ところが、なかなか実現できない部分を持っています。フィットネスクラブで体を動かすことは、普段の運動不足解消を考えれば、とても有効な手段となってくるでしょう。体の負担を考えると、有酸素運動を取り入れていくことは、さまざまなメリットを生み出します。水泳などの有酸素運動を行うことで無理なく適度に心拍数があがり、心臓と肺を鍛えることができます。心肺機能と持久力は有酸素運動でトレーニングできるのです。これにより脂肪の燃焼も加速させることができます。

心肺機能と持久力は、運動をして心肺に負荷をかけることでトレーニングすることが可能です。
そこでおすすめなのが水泳やエアロビクスといった有酸素運動。
無理のない範囲で心拍数が上がり心臓と肺を鍛えるのにちょうど良い負荷がかかります。

フィットネスクラブフィットネスクラブでは、無酸素運動もおこなえます。筋肉を鍛えていくという部分では、有酸素運動はあまり有効ではありません。ところが、機器も揃っているフィットネスクラブでは、体の中から特定の部分を狙って鍛えられます。

全身の筋肉も鍛えられますが、これがダイエットには欠かせません。筋肉量を増強していくことによって、体のカロリー消費を高められるため、リバウンドの心配もなくダイエットをしていけます。単に有酸素運動だけで減らせなくなった状況であっても、有効に進めていけるようになるのが重要です。血行の改善も考えられるようになりますので、健康にもぴったりの施設といえます。


関連記事